治療費 借りる

治療費がかかるのでお金を借りる、どうすればいい?

生命保険や医療保険、かけていますか?
病気やけがで、治療費かかってしまった・・・どうしていますか?

 

健康保険に入っていれば、治療費の負担は実質2割か〜3割負担です。
しかし、3割だからと言って安いわけでもありませんし、
何日も何回も通院する・入院する場合は、かなり高額になってしまうでしょう。

 

病気が長引いてしまった場合、数万円の治療費がどんどん積み重なって
何百万となってしまうことも。

 

年末調整で高額医療費は帰ってきますが、
それまで、事前に払っておかないといけないのが辛いところです。

 

医療保険や生命保険は特約に加入されている場合は、安心ですね。
ただ、よくあることなのですが、自分の病気は「契約事項に当たらない」場合があるのです。

 

似たような病気であっても、病名が違うと保険が払われない時があります。
保険に関しては、会社にきちんと確認をしておきましょう。

 

保険等で、ある時期になればお金が払われる、もらうことが出来ると言う場合
いざと言うときは、キャッシングでお金を借りてしまうのも手です。

 

お金がないために、通院しない・薬を飲まないとすると
あとあと、仕事や生活に支障をきたし、全体が悪化してしまうでしょう。

 

治療費のためにお金を借りるのはちょっと・・・と、二の足を踏んでしまうのも分かりますが
現状を解決しないと、未来はもっと悪化することを忘れないでくださいね。